FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP日常など ≫ ごめんね、先生。

ごめんね、先生。

たぶん、家族の中で私しか気づいていない・・・
その程度の調子の波はありますが、相変わらず、穏やかな毎日です(^_−)−☆

IMG_1560_201802212103539ef.jpg






先日、受診時のこと・・・。


調子良い・・・ってことで、診察が終わり、帰り際、


「でも、これから夏がねぇ、
 どう過ごそうかと思って・・・。」と言ったら、

先生、想定外の私の呑気な発言に、とっさに言葉が出ず・・・( ̄▽ ̄)


重篤さ、説明、わかっているのかなって、
不安になっちゃいました?



ごめんね、先生。
とぼけた事、言っちゃって。

真面目で、勉強家の、息子たちと同年代の先生。

安易にうなずいたり、
適当に話を合わせたりできませんよね、獣医さんですからね。



おしゃること、わかっているんですよ。
病状も、説明も、明日を心配なさっていることも、
理解しています。
覚悟もしています。



でもね、それでもね・・・。



荒れる春をどう乗り切ろうか・・・、
夏をどう凌ごうか・・・、
今度の冬は・・・。

そう考えるのが、親(飼い主)・・・。



だから先生、

そんな時は、微笑みながらスルーして。





スポンサーサイト

Comment

No title
編集
nanohachiさん、こんにちは。
そんなことがあったのですね。
先生の見る数値やデータも一つの事実なら、家族が毎日一緒に過ごして感じる様子も紛れも無く真実のもの。
その仔の今日や明日、これからのことを考えるのは家族としては当然のことですもんね。
ナノハちゃん自身が持つ力とnanohachiさんやご家族の手厚いサポートが
ナノハちゃんをデータでは判断できない特別な仔にしているのだと思います。
2018年02月22日(Thu) 14:58
ぽこぽこ様
編集
こんにちは(^ ^)
先生には申し訳ないことでした(^^;;
これまでも、時々先生も表情に???が浮かんでいたのですが、
今回、その理由が、私の呑気な発言にあるのでは・・・と気づいた次第です。
次回の診察時に、ちゃんとお話ししておこうと思います(^ ^)
2018年02月23日(Fri) 09:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL