FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP日常など ≫ 対抗しているわけではない。

対抗しているわけではない。

写真はここ数日の1枚。
「マテ」が長くて、情けない顔になっています(^^;;

IMG_1486.jpg





病院での待ち時間を少なくしているので、
他の患者さんの事を見聞きする機会は少ないのですが、

先日、お薬を3ヶ月分希望する方を見かけまして。

3ヶ月分・・・。

かなりの驚き・・・w( ̄o ̄)w
で、ちょっと羨ましい。



通院するようになってから6年半、お薬は、長くて16日分。

それでも、

「16日分出しておきますが、
 変化があったら、早めに受診してください。」の注釈つき。


先日始めたサプリも、
「病院コードがあって大量に購入すると割安ですが、
無駄になるともったいないから・・・」って16日分。


「サプリ16日分は少なすぎないかい?」と心の中で突っ込みましたが、
壊死性髄膜脳炎、その後、僧帽弁閉鎖不全症、肺水腫・・・他ect.

先生方の頭の片隅には、
「急変」が、常に、ドッカと鎮座し続けているわけです。


心配症のくせに、心の隅で、「きっと大丈夫」と
油断しがちな私にとって、ありがたい事、
油断しないでいてくださって、ありがとうございます!

・・・なわけですが・・・。


ちょっと難しい顔で、
不調、不調の兆しを探すように診察なさる先生が、
顔を上げ、「うん、良いですね。」とおっしゃる瞬間、

「よし!勝ったV(^_^)V」・・・と思います。


もちろん、病気にね・・・なんだけど、

先生は、審判員で監督・・・なんだけど、


先生にも勝った気がするのは何故・・・(^◇^;)






スポンサーサイト

Comment

No title
編集
nanohachiさん、こんにちは。
お気持ち、よく分かります。
お医者さんは万が一や、ある意味’保険’をかけてリスク前提の対応をされますよね。
私も以前どうしてこの先生は悪い可能性ばかり言うのか、そんなにうちの仔が悪い状態であって欲しいかのような対応をするのかと疑心暗鬼になったことがあります。
世の中にはモンスターペアレントならぬモンスター飼い主もいて、その対策なのかなと思うようにしていましたが、やはり先生にそんな対応をされて随分心細くなるのもまた事実です。
だからnanohachiさんの仰るとおり先生の見立てや予測を良い方向に裏切った診断が出た時は私も「勝ったぞ!」と思っています ^-^v
2018年02月16日(Fri) 13:32
No title
編集
とても複雑な気持ちですが・・・
お薬があれば、一先ず安心・・・あらゆる状況を考え
すべてに対応できる様にお薬を揃えてました
結果、大量に残りましたが
それも、はなの置手紙と愛おしかったのを思い出します
ナノハちゃんは奇跡の子!!!まだまだ大丈夫
病行での長寿記録作るのよぉ~
2018年02月16日(Fri) 20:21
ぽこぽこ様
編集
こんにちは(^ ^)

同感してくださって、ありがとうございますm(_ _)m
「ねっ、良いでしょう・・・」とついつい対抗(笑)
で、不調だと、「先生、お願い・・・」って、虫のいい患者です(^^;;

いろいろな患者さんがいらっしゃるでしょうから、
獣医さんも大変だと思います。
いい関係を築きたいと思っています。
2018年02月17日(Sat) 15:50
ynp様
編集
薬は切らさないよう、我が家も備蓄しています。
で、薬変更になると、
変更は、ある薬を飲み終わってからでもいいと言われても、
やっぱりすぐ変えたい・・・。
結局無駄になる事もありますが、仕方ないかなと思います。

はなちゃんのことはよく思い出すというか、考えます。
コメントできるまでに気持ちを持っていけなくて、
失礼をしています。ごめんなさい。
でも、ynpさんが元気に活動的に暮らしていらしゃる様子は、
ホッとしながら拝見しています(^ ^)

長寿記録、目指してがんばります(^_^)v
2018年02月17日(Sat) 16:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL