ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPナノハのこと ≫ どっちつかず。

どっちつかず。

ナノハの通院は終了しています。


IMG_9571.jpg



通院、治療中は、呼吸数、心拍数とも減少して、良い感じ。


やめると・・・、

良いといえば、そのような・・・、

悪いといえば、これまたそのような・・・。


IMG_9583.jpg


何れにしても、
相変わらずの食欲旺盛、
シニアだから寝ていることが多いけど元気もあるし、
スヤスヤ眠るし、咳はないし・・・。


肺水腫黄信号。

長期間毎日通院治療というのも、現実的でなく、
服用の利尿剤を少し増量しているけど、
効果に個体差が大きいと言われるこの薬が、
効いているのか、いないのか・・・。

やめるとダメって事は分かっているのだけれど、
効きが今ひとつなら、思いっきり増量すれば、
というわけにもいかないらしく・・・。

次のエコー検査の結果待ち。
なのですが、私は「待て」が超苦手(ー ー;)
青か、赤か、早くはっきりさせたい。


その上、
様子によっては連れて来て・・・なんて言われているものだから、
赤を見逃してはならじと、
スマホ(ストップウォッチ)を片手に、
常に計測のチャンスを狙っています。
睡眠時って、ノンレムとかレムとか、
呼吸が不規則になったりするから、難しい。


家族は優しい(呆れているまたは諦めているともいう)から、
何も言わないけれど、
様子が滑稽なのは自分が一番分かっている(⌒-⌒; )

ナノハも、呆れてるんだろうなぁ・・・。



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ブログの更新が無いので心配しておりましたが、通院も終わりナノハちゃんの写真が見れて安心しました。食欲が旺盛なようで良かったです。

咳も無いのに肺水腫黄色信号なんですね。
ウチのかかりつけ医は僧帽弁閉鎖不全症の進行の早い子は活動的な子が多い。というのですが、ナノハちゃんは当てはまらないし…肺水腫黄色信号に心配ばかりが募ります。
に、しても私も白黒つかないのは苦手なのでナノハちゃんの今の状態はnanohachiさんと同じ行動をとりそうです(笑)

肺水腫黄色だと水を出すことが重要ですが、利尿剤は必要な水分まで排泄させてしまうので調整が難しいですよね。何しろ肺水腫は避けたいですからどうにかしたいと心からの思うばかりです。次の検査で改善されていることを祈っております。

頑張ろうね!ナノハちゃん!
2017年01月26日(Thu) 02:40
No title
編集
こんにちは!

ナノハちゃん、肺水腫黄色信号ですか。。。
利尿剤の増量は、腎臓に負担がかかるしね・・・難しいところですよね。

テスは、結構活発だったので(とんとん跳ねたり、走ったり。。)心臓への負担は
結構あったと思います。
ナノハちゃんは大人しいから状態が急にどうこうってならないんでしょうね。
これってすごく良いことだと思います。

結果待ち・・・イヤですよね(>_<)
すぐに知りたい!

食欲って、絶対絶対大事ですよね♪
食欲があるって事は、体の状態がナノハちゃん的には良いんだと思います(^^)
お腹が痛かったり、少ししんどいだけでも食欲って減りますもの。。。

油断禁物ですが、、、私はいつもナノハちゃんの「食欲旺盛」にどこか少しホッとして、嬉しく思っています!(^^)!
2017年01月26日(Thu) 11:24
kero様
編集
ご心配をおかけしましたm(_ _)m
ありがとうございます。
心配な症状のある子には見えませんよね(^_^;)
実際、エコー検査をしなければ、
呼吸数が多いなぁ・・・くらいで終わっていると思います。
利尿剤を増やしているのに、尿量、給水量とも減った?って感じで、
本人は、ケロッとして、ご飯完食、おやつ要求。
よく聞く症状に当てはまらない事が多すぎてお手上げ状態です。
呼吸数をチェックする事くらいしかできる事がありません・・・。
どうなっているのでしょうねぇ・・・。
2017年01月26日(Thu) 17:28
ふーちゃんマン様
編集
こんにちは。

ご心配をおかけしています。
利尿剤、増量しているのですが、
尿量給水量がそう増加しているでもなく、
ここ数日はむしろ減っているかも・・・なのですが、
体調に変化がある様子はなく、相変わらずのご飯完食、食欲旺盛。
さっぱりわかりません~_~;
先生も、食欲が落ちないところがナノハちゃんのいいところ・・・、
とおっしゃいます。
確かに、ここが保てているので、回復の希望が持てています。
本人がそう苦しくないのなら、嬉しい事です(^_^)
油断せず、様子をみていこうと思います。
2017年01月26日(Thu) 17:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL