ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPナノハのこと ≫ 二桁。

二桁。

ナノハが「壊死性髄膜脳炎」を発症した頃、
検索すると、
探せど探せど絶望的になるような内容ほとんどでした。

今、検索結果は少し変化しました。

もちろん、多くは厳しい話ですが、
「病状が落ち着いた」「改善した」という内容の、
病院のHPやブログを見かけるようになりました。

動物病院へつれていくことが当たり前になり、
検査を望む飼い主さんが増え、
治療、投薬の試行錯誤の結果、
原因が解明された訳ではなくても、
進行をくい止める、
病状を改善させる手立てが見つかってきた・・・
ということでしょうか・・・。

余命半年、安楽死も視野に・・・と言われたあの頃、
こうして別の病気で命の心配をする日が来るなんて、
夢にも思っていませんでした。


あれから5年半。

ナノハ、10才になりました。

IMG_9440 (1)



おめでとう。ナノハ。



スポンサーサイト

Comment

No title
編集
ナノハちゃん 10歳おめでとぉ~~~
嬉しいですねぇ~^^5年半ですかぁ
同じ病名の子を探して探して・・・
やっとたどり着いた希望がナノハちゃんでした
はなは先に逝っちゃったけど
nanohachiさんのブログは今でもみんなのお手本ですよ
2017年01月09日(Mon) 16:37
ynp様
編集
ありがとうございますm(_ _)m
突然にと、こうして闘病してきてとでは、
同じ失うとしても、気持ちが違う気がします。
時間を貰えて、ありがたいと思っています。
病気が増えて、この症状が出てからの生存率・・・
なんて目にしますが、そんなの吹き飛ばして
元気なおばあちゃんを目指してみます(^ ^)
2017年01月09日(Mon) 23:23
No title
編集
ナノハちゃん お誕生日🎂おめでとう㊗️

10歳。人の子なら小学校4年生^ ^

ナノハちゃんのブログは、同じ病気の仔の希望だと思います。

ぶーちゃんのMRI検査の前にたどり着いた、このブログ。
同じチワワさんで、うちの子と同じ歳。
勝手に縁を感じて(笑)
これから先のナノハちゃんの日々を遠くから見守らせて下さいね。
いつまでも、いつまでも穏やかに歳を重ねていけますように、我が子に願う気持ちでいます。この一年の変わらない日々を祈って、心からのお誕生日おめでとう🎉
2017年01月10日(Tue) 01:11
No title
編集
ナノハちゃん
10歳のお誕生日おめでとうございます
医学の世界は日進月歩
病気と5年半闘うナノハちゃん

nanohachiさん
病気のことを気にしながら暮らす毎日
心配で眠れなかったり
病院に走ったり
いろいろなことがあったことでしょう

月並みですが、改めて
お誕生日おめでとうございます~
2017年01月10日(Tue) 15:46
No title
編集
ナノハちゃん、お誕生日おめでとう!!!
10歳なんだね♪
小梅も今年の5月で10歳。。。
同じ年ですね。
そして、大変な病気と闘っているナノハちゃん

少しずつでも、動物の世界でも医学の進歩があってくれれば
こんなに嬉しい事はないですよね。

いつまでも穏やかに過ごされる事を心から願っています。
そして、小梅と一緒に可愛いグランドシニア犬になって行くのを
見守って行きましょうネ(^_-)-☆
2017年01月10日(Tue) 17:26
kero様
編集
ありがとうございますm(_ _)m

おっしゃるように、縁ってありますよね。
こんな、うじうじぐずぐず闘病ブログ・・・と思いながら書いています。
でも私が気持ちを寄せて訪問したのは闘病中のブログ・・・。
迷っても、心配して、心配して、心配してもいいんだ・・・と励まされてきました。
だから、私は、些細なことに一喜一憂、
こんなにうじうじしてる飼い主もいますよ・・・って。

keroさんにとりましても、穏やかな良い年になりますように(^ ^)
2017年01月10日(Tue) 22:35
shunka様
編集
ありがとうございます。

心配性ですし、ハラハラし通し・・・に近いでしょうか(^_^;)
でも、幸い病院が近いですし、
先生方もじっくり話を聞いてくださるので、
なんとかやって来られました。
医学の進歩は頼もしいですね。
10才。十分嬉しいですが、もう少し頑張ってほしいと願っています。
2017年01月10日(Tue) 22:48
ふーちゃんマン様
編集
ありがとうございますm(_ _)m
同い年。そうなのですね。
病気がいっぱいですが、密かにグランドシニアを目指していますよ(^ ^)

動物の世界も医学の進歩は目覚ましいのではないでしょうか。
進歩を後押しするのは、飼い主さんの治したいという情熱かなと思います。
私の場合は、心配性エネルギーで、先生に無理を言っているかも・・・~_~;
2017年01月10日(Tue) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL