ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPナノハのこと ≫ ナノハ肌トラブルのその後。

ナノハ肌トラブルのその後。

ナノハの背中の抜け毛トラブルは、解決したようです。
薄くなったところはそのままですが、
赤味はすっかり消え、フケのような物も見られなくなりました。

殺菌剤入りのシャンプー3回で治まって、良かったです。

枇杷の葉を煎じた液でケアしていたアゴ、鼻の横、耳。
耳は、元々ついでに・・・で、ひどく荒れたりはしていなかったので、
今、ピカピカピンクになっています。
鼻の横も赤味がとれました。
アゴだけは、日に2〜3回思いっきり掻くので、
その時は赤くなりますが、しばらくすると赤味が少し引きます。
すっかり良いまでには、もう少しでしょうか。

ところで、ナノハ、枇杷の葉の液を出すと、ササッと近づいて来ます。
気持ちいいのか・・・。そうではありません。
鼻の横につけた液を、舐めるのです。

そこまで、喰い意地のはったワンコになりましたか・・・。
せっかくつけたのに、舐めちゃダメでしょ!

枇杷の葉は、胃腸病にも良いそうなので、
舐めて悪くはないのですが・・・
やっぱり舐めちゃダメでしょう、皮膚を治したいんだからさ。

写真は、枇杷の葉と一緒に買った、ギムネマシルベスタを煎じた物。
カメラが壊れる前に、撮っていた写真です。
IMG_1104.jpg

お茶として飲みます。
高血糖に効果があるとか・・・。
漢方ですから、すぐ効く・・・というわけではないと思います。
左は、お店のお兄さんに言われた量を、適当に煎じた物。
罰ゲームの飲み物のようになりました。
右は、袋の裏に書いてあった通りに作りました。
独特の味ですが、まあ、飲めます。

どちらも、飲んだ後、甘い物を食べると、甘くありません。
というか、おいしくありません。

食事のしばらく前に飲んいます。
漢方薬は食前・・・という気がしてそうしていますが、
正しいのかなぁ・・・。

今日は、病気を振り返る記事はやめました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL