ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPナノハのこと ≫ 心配だけど、いつものナノハ。

心配だけど、いつものナノハ。

我が家は、足腰の悪いナノハのために、
人が座ると痛いカーペットが敷いてあります。

この頃、ナノハが歩いていると時々、
そのカーペットと後足が擦れる、ジャリという音がします。
脳炎発症の頃もジャリジャリいわせてました。
先日、歩いていてグラッとよろけていたし、
今日は診察だったので、話してみました。

神経のようだから、脳炎の影響かな・・・とのこと。

悪くなってきたとかですか?

本人にも聞けないし、検査でもしないとなんともわからないが、
このくらいは想定内の事で、まだ、様子を見ていい状態ということのようです。

先生:食欲、体調、変化はないし、元気そうだし、生活に支障はないからね。

以前、脳炎発症後、体調が良くなってから、
抱っこしている時、ナノハがおもらしをしました。
その時、先生に話したら、

先生:気持ちよかったんでしょう。

一瞬、いやいやいや・・・と思いました。

でも、反面その言葉に、私はホッとしました。

大きな病気だから、そんなことはあって当たり前。
仕方ないことは、こうやってかわしていくんだなぁ・・・と学びました。

その後も、ごくごくたまにおもらしをします。
寝ている時に限られるから、おねしょかな。
ナノハ、そんなに気持ちよく寝てたの・・・と思います。
もっともっと若かったら、こうは思えないかもしれません。

ナノハ、さぁ、行くよ。
病院ですね!ナノちゃん、行きません!
こんなに、しかっり踏ん張れて、
IMG_0635_convert_20130802150507.jpg

帰ったら、
ごほうび、早く!とこの表情。
IMG_0632_convert_20130802150554.jpg

確かに、生活に支障はまったくありません。

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
人が座ると痛いカーペットって とっても気になります
うちでも 18才のわんこラッキーおばぁさんは
後ろ足が 力が入らず・・すべって起きられなくなります
最近は トイレも間に合わない時が あるので
いろいろ試しているところです

足を踏ん張って 病院拒否しているのですね
先生のお言葉には 優しさ感じます
うちのかかりつけの病院の先生の言葉はきついので・・

ナノちゃん ご褒美待ちの瞳は イキイキしてますね
食欲があって 日常を過ごせていたら
ママさんの見守りも 少しは安心出来ますね
2013年08月05日(Mon) 08:31
おれんじ様
編集
後足が滑ると、腰を傷めそうで怖いですよね。

カーペットはホームセンターで、琉球なんとか・・・といって販売していました。たけひご(算数セットに入っていたような)を縦糸に、太めの凧糸のような糸を緯糸に織ったものです。
正座しようものなら、足に、織り模様がバッチリつきますよ。
庭に出して、水をかければ洗えるので便利ですが、
正直、もっと適したもので、快適な物が欲しいです。

大変なこともあるでしょうが、18才・・・羨ましいですねぇ。
2013年08月05日(Mon) 14:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL