FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2020年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年07月
TOP糖質制限食など ≫ 気づくと、丸8年になってました。

気づくと、丸8年になってました。

近頃話題の糖質制限食。
8年ほど実践中です。
IMG_0495_convert_20130728110154.jpg

きっかけは、toshiさんの会社での健康診断。
血糖値の数値が、ちょっと高めに出ました。
通常なら、来年の健康診断まで様子をみるところ。
家族歴があるので、一応病院へ行ってみました。

この程度だと、いわゆる内科では、
経過観察になるだろうと、専門病院へ行きました。
結果、問題はなかったのですが、
家族歴があるので、時々、検査に来ると良い、とのこと。
3〜4ヶ月おきに都合の良い時でいいですよと。

正直、toshiさんは、いいよ、行かなくて…。
確かに、自宅からは少し離れているので、面倒といえば面倒。

病院の近くに私の大好きなパン屋さんがあります。
パン屋さんだけのためにに行くにはちょっと遠い。
でも、通院となれば・・・。
先生が言われるんだから行った方がいいよ!
私も、ついて行きます。
病院のあと、パン屋さんにより、
併設の喫茶室でパンと珈琲をいただき、
そんなに買ってどうする?量のパンを買い込んで帰ります。

で、なんで糖質制限食かというと…

息子S曰く、ハハは解決策を考えるのが好きだよねー。
という、私のはた迷惑(らしい)な性格によるものです。

現在、問題ないとはいえ、
家族歴があるのに、放っておくのが嫌で、
偶然めぐり合ったこの本に感じるものがあり、
食事法を実践してみました。
給食の方は、近頃、買い足しました。

高めの数値なんだから、やって悪くはないだろう。

といってもプチ制限です。
なので、たいしたことではありません。
朝食、昼食にパンはOKです。
が、お酒の種類を選んだりもしたので、
次の年からtoshiさんの健康診断は完璧になりました。

体重は、toshiさんは2〜3キロ減。
プチ制限食に付き合っている私は
約4ヶ月で、7キロ減、
二人とも現在キープ中。

なぜ、ずっと検査に通い、プチ制限食を続けているのか…

病院の先生が言われました。
検査に来なくなった患者さんが、
2〜3年後に来られると、皆さん、
しっかり糖尿病になっておられる・・・と。

そして、通院の度に検査数値の良いtoshiさんに
すばらしい!!を連発される。
toshiさんはいつも診察室から、ニヤニヤしながら出てきます。
男性は数字と褒め言葉に弱いですからね。

もう一つの理由はもちろんパン屋さん。
パン屋さんがなかったら、
きっと、8年も通院していないなあ・・・。

ちなみに、ナノハも、プチ糖質制限食です。
ステロイドを服用し、食欲旺盛。
基準値内とはいえ、血糖値は高めなので。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL