FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年02月
ARCHIVE ≫ 2018年02月
      
≪ 前月 |  2018年02月  | 翌月 ≫

あぁ〜あ。

写真は、はみがき前。

あぁ〜あ〜。
はみがき・・・やだなぁ・・・(−_−;)の顔。

IMG_1586.jpg



ナノハも、あぁ〜あ・・・だけど、写真と記事とは無関係。


では、何が、あぁ〜あ・・・かと言うと、
薬の飲ませ忘れです。


丑三つ時、なぜか浅くなった眠りの中で、
ふっと、「薬、飲ませていない・・・?」と思う。

飲ませ忘れて6時間。

あぁ〜。
やっちゃたよ・・・と自分にがっかりする。


急いで飲ませ、
次から、少しずつ時間を調整。
数日で、元の服薬時間に戻しました。

その間、体調に変化はなく、
変化の兆しも見られず、ひとまずホッとしました。


が、心臓病には大事なこの薬。

主治医はそう厳しくはおっしゃいませんが、
検索の中には、飲み忘れは厳禁どころか、
12時間を守るよう厳しくおっしゃる獣医さんもいらっしゃる。

何事もなかったから、良いということには、もちろん、ならない。


ナノハは、8種類の薬と3種類のサプリメント服用。
1日1回の薬、サプリもありますが、朝晩各8、9種類になります。

まとめれば、飲ませ忘れは避けられると思うのですが、
なにしろ、先生方、看護師さんが
飲ませるだけで、「頭がさがる」とおっしゃってくださる量。
それに、
食事や睡眠、薬によって朝の方が良いとか、夜が良いとか・・・。
より効果的に、生活面でのストレスを少なく等々考えると、
朝夕、各3回になってしまいます。

これ、私には荷が勝っているらしく、時々ミスする・・・。


忘れたら、より効果的にストレスなくなどといっても、意味ない・・・。

わかっているけど、分けたい・・・。

悩ましい・・・。




スポンサーサイト



スーパーから春が届く。

暖かいと思えば、真冬の寒さ・・・。
室温は低くないけど、足元が冷んやり・・・。

今頃になって、こたつを出してみましたが、

こたつの中には入らないナノハです(^^;;

IMG_1584.jpg





本格的な春が待ち遠しい・・・と思っていたら、
ネットスーパーから届いた「真たら」が、スキンレス。

春・・・来ているのですねぇ(^_−)−☆



ナノハのごはんに、一番利用するのは「真たら」
新鮮な真たら切り身パックは、
アニサキスが酸欠で、表面にニョロニョロと出てきていたりして、
「おぅ・・・」と思ったりしますが(^◇^;)

春から夏にかけては、
スーパーでは、スキンレスでフライ用みたいな感じで売っています。

なんでも、夏はたらが小さいので、
スーパーには、冬のような切り身ではなく、
こういう形で入荷するのだそう・・・。
魚屋さんには冬のような切り身があるのかもしれませんが、
探し歩くほどこだわってはいないので・・・。

真たらをフライパンで焼いていると、食欲をそそられる匂い。
海辺の観光地の「イカ焼き」のような・・・。

いつものことですが、ナノハはソワソワしっぱなし。

換気扇を「強」にするけど、わんこですからねぇ(^◇^;)




もし、お使いの際は、
くれぐれも、「塩たら」とお間違えなさいませぬように。

また、
ご存知とは思いますが、
お魚には、チアミン分解酵素チアミナーゼが含まれています。

ビタミンB1 (チアミン)、チアミン欠乏症 との関係で・・・。
チアミナーゼは、「加熱で活性を失う」という事なので、
魚を常食している我が家は、加熱して与えています。






でね。

(前回に続きをもう少し・・・m(_ _)m)


でね、先生。

病院での、
びくびく ぶるぶるのナノハしかご存知ないわけですが、

家では、例えば・・・。


調理中は、毎食キッチンチェックに励み、

IMG_1553.jpg



そろそろ出来た?・・・ワクワク・・・
期待でついついうろついちゃう・・・、

IMG_1549.jpg



からの、

待ちきれないぞ!早くしろ!の舞。

IMG_1545 (1)



完食後、お皿の縁のチェックも怠らず、

IMG_1521.jpg



磨いたようにピッカピカ。



毎日、毎回、こうだもの、

夏の対策・・・考えたくなるでしょう?





ごはん・・・おとなしく待てるよう、いろいろやってみましたが、
結局、好きにさせておくのが、今のところ一番かな(^^;;
もちろん、騒がしいけど・・・。




ごめんね、先生。

たぶん、家族の中で私しか気づいていない・・・
その程度の調子の波はありますが、相変わらず、穏やかな毎日です(^_−)−☆

IMG_1560_201802212103539ef.jpg






先日、受診時のこと・・・。


調子良い・・・ってことで、診察が終わり、帰り際、


「でも、これから夏がねぇ、
 どう過ごそうかと思って・・・。」と言ったら、

先生、想定外の私の呑気な発言に、とっさに言葉が出ず・・・( ̄▽ ̄)


重篤さ、説明、わかっているのかなって、
不安になっちゃいました?



ごめんね、先生。
とぼけた事、言っちゃって。

真面目で、勉強家の、息子たちと同年代の先生。

安易にうなずいたり、
適当に話を合わせたりできませんよね、獣医さんですからね。



おしゃること、わかっているんですよ。
病状も、説明も、明日を心配なさっていることも、
理解しています。
覚悟もしています。



でもね、それでもね・・・。



荒れる春をどう乗り切ろうか・・・、
夏をどう凌ごうか・・・、
今度の冬は・・・。

そう考えるのが、親(飼い主)・・・。



だから先生、

そんな時は、微笑みながらスルーして。





ラッキー。

「お弁当」つけています( ̄O ̄;)

IMG_1494_2018021910111671c.jpg


眼球についていても平気なんだから、
こんなの「なんてことない」よね。


勢いよく食べて、よくこんなことになります(^^;;

元気が一番!
おしとやかなんてクソ食らえ!・・・ってね(^ ^)



前回の検査時、12月初めに、
次の検査は2月・・・。
先生とそんなお話をしていたのですが、

「調子良いし、検査はいいでしょう・・・。」って。


薬・・・増やすことはあっても減らすことはない。
どの先生からもそう言われていて、

だから、

好調の時の検査は、
来るところまで来ている今となっては、
する意味が薄いってことかな。


悪くなっていないことを確認したい気もしますが、

ナノハ的には、ラッキー\(^o^)/





イレギュラー。

寝顔を撮りかけたら、起きちゃいました(^^;;

IMG_1497.jpg






ほぼ2週間毎の通院、
検査はそのタイミングでする事の多いナノハですが、

イレギュラーで、尿検査をお願いしました。


おしっこポーズ→出ない→トイレを飛び出す
→何か訴えるように見つめる→ハウスへ戻る→しばらくしておしっこポーズ・・・

これを繰り返す事、約1時間。
おしっこが出て落ち着く。


昨年、梅雨の頃と秋、今回・・・と3回目。


前回、前々回も尿検査をしましたが、
項目オール(−)ph、比重、残渣所見も問題無し。

なので、大丈夫だろうとは思いつつ、

膀胱炎とか、
今年になってからますます、飲水量が減ったり、
利尿剤の耐性の事も気になって・・・。

で、ありがたい事に、予想どおり、今回も問題無し。



そわそわの理由は解明できていませんが、
その後、落ち着いて、変わりなく過ごしています(^_^)v




対抗しているわけではない。

写真はここ数日の1枚。
「マテ」が長くて、情けない顔になっています(^^;;

IMG_1486.jpg





病院での待ち時間を少なくしているので、
他の患者さんの事を見聞きする機会は少ないのですが、

先日、お薬を3ヶ月分希望する方を見かけまして。

3ヶ月分・・・。

かなりの驚き・・・w( ̄o ̄)w
で、ちょっと羨ましい。



通院するようになってから6年半、お薬は、長くて16日分。

それでも、

「16日分出しておきますが、
 変化があったら、早めに受診してください。」の注釈つき。


先日始めたサプリも、
「病院コードがあって大量に購入すると割安ですが、
無駄になるともったいないから・・・」って16日分。


「サプリ16日分は少なすぎないかい?」と心の中で突っ込みましたが、
壊死性髄膜脳炎、その後、僧帽弁閉鎖不全症、肺水腫・・・他ect.

先生方の頭の片隅には、
「急変」が、常に、ドッカと鎮座し続けているわけです。


心配症のくせに、心の隅で、「きっと大丈夫」と
油断しがちな私にとって、ありがたい事、
油断しないでいてくださって、ありがとうございます!

・・・なわけですが・・・。


ちょっと難しい顔で、
不調、不調の兆しを探すように診察なさる先生が、
顔を上げ、「うん、良いですね。」とおっしゃる瞬間、

「よし!勝ったV(^_^)V」・・・と思います。


もちろん、病気にね・・・なんだけど、

先生は、審判員で監督・・・なんだけど、


先生にも勝った気がするのは何故・・・(^◇^;)






何がしたいの?

久しぶりに、熱心にホリホリし、

IMG_1459.jpg




こんなになっていました(^◇^;)

IMG_1458.jpg




どちらのお宅でも、「あるある・・・」ですよね〜(^_−)−☆




腰回りが少し細くなった気もしますが、
体調は相変わらず・・・で過ごせています。

写真の表情が、ちょっと・・・ですが、どうぞご心配なくm(_ _)m





気が早い?

特別寒い、寒さ厳しいというこの冬。


寒いんじゃないか
冷えるんじゃないか、
辛いんじゃないか・・・。

ついつい気になって、巻きつけてしまいます。

IMG_1464.jpg





というのも、

セーター 、腹巻、ベスト・・・。

これまで持っていたものはもちろん、
咳が出やすくなっているので、胸や喉元が煩わしくないように
ゆるーい物を作っても見たのですが、

ことごとく撃沈( ̄O ̄;)


おいかけっこをしていたあのセーターも、
着せたら、即、脱げるようにまで上達(ー ー;)


結局、あれほどの寒がりが、この冬は裸族のままw( ̄o ̄)w


toshi さんも、「寒くないのかぁ・・・」と心配するのですが、

巻かれて、ありがた迷惑?

IMG_1468.jpg


巻いても逃げはしないし、そのまま寝るので、
病的に暑がるわけではないし、元気そうだから良いのですが・・・。


しかーし、

この寒さで調子が良いとなると、
夏は言わずもがな、春からクーラーーガンガンか・・・?
それで何とか体調維持できるのか・・・?
心臓病・・・夏要注意って聞くし、どうしかものか・・・。


寒いとはいえ、春めいて来た日差しに、夏対策を考える(^^;;


気が早い?
心配性の私としては気になって仕方ありません(^_^;)




子どもは純粋。

ねぇ、Dちゃん。
「かわいいって、こういう写真をいうんじゃないの?」

IMG_1479.jpg


な〜んて、大人気ない私・・・(^_^;)



大人は、ついつい「映える」なんて、意識してしまいます。

IMG_1483.jpg



が、子どもはそんなの関係ない。


「Dちゃんのだって、かわいいじゃん!」

IMG_1439.jpg



眠そうな様子が可愛くてたまらないんだものね。

「写真写り」とか「映える」なんて、関係ないのよね。



うん。

あなたがまっとうだわ(*^_^*)




見解の相違。

よし‼︎‼︎

かわいく撮れた‼︎‼︎‼︎  (((o(*゚▽゚*)o)))


IMG_1439.jpg



って・・・。


そっ、そうかなぁ・・・Dちゃん・・・( ̄O ̄;)






孫Dちゃん曰く、「眠そうななのがかわいい♡」・・・と。


そう言われると、そういう気もする!・・・かぁ??・・・(^^;;





こんな日もある。

お薬をいただきに病院へ。

ナノハはお留守番?とも思ったのですが、
なんとなく咳が増えている気がして、連れて行きました。

咳といっても、
「ガーガー」とアヒルが鳴くような・・・ではなく、
乾性の「エヘエヘ」「ケホケホ」と聞こえるような、
喉の入り口あたりだけの浅い咳。
安静時の呼吸数、こちらはいつも通りの28回/分程度。


いつもは診察の順番を取って、
時間を見計らって出直すのですが、
曜日的に混んでいないかな・・・とでかけたところ、
主治医の先生、重篤な患者さんの診察、処置中らしく、
待てど暮らせど、診察が進まない。
出直そうかとも思いましたが、
それはそれで、病院嫌いのナノハには負担。
心臓バクバクしちゃうからねぇ(^^;;

他の先生に診察していただき、お薬をお願いしました。
通りかかった前主治医も聴診してくださり、
お二人とも、「音は綺麗、心配ない。」って(^ ^)


帰宅して、記録に一枚。


IMG_1438.jpg



診察が、火曜日。
咳は、木金とさらに増えましたが、
土曜日午後になり、グッと減りました(^_^)v

こういう咳、増えたり、減ったりの繰り返し。


ナノハ、
普通はなだらかに下がっている気管が、
大きくなった心臓に押し上げられて、
一回山になってから下がっています。

この山の部分が、窮屈だったり刺激されたりで、
あの咳がでるのかな・・・と思っています。

咳・・・心臓のせいだけど、即、肺水腫とかって事ではないみたい。

でも、増える時って、
心臓に水が溜まってきたりして、
気管がより窮屈になったり、
刺激されてるのかなと心配にもなるのですが、わからない。

咳が増えても、「聴診の音はきれい、元気、食欲あり。」
これで、毎回詳しく検査・・・って、現実的ではないですからねぇ。


とにかく、今回も治まってきてホッとしました(^ ^)





近況か、はたまたストレス解消か。

このブログ、
toshi さんのお友だちがご覧くださっているとかいないとか・・・。

「たまには僕も登場させて」などと言いますので・・・。



先日の大雪の後。
雪をかぶった庭のクリスマスローズが気になったらしく、
toshi さん、雪を払うと「ベランダスリッパ」で、
リビングから庭に出まして・・・。


凍りついているからやめたほうが良いと言ったのに、
クリスマスローズの雪を箒で払って、花を折りました。


そして、
リビングから出たからと、そこに戻り、
よごれた靴下でカーペットを歩いて、
泥の足跡をつけて洗面所に行き、靴下を脱ぐ・・・( ̄O ̄;)


「このスリッパは使えん!!」とスリッパのせいにしておりましたが、

ベランダスリッパ・・・底が穴だらけの、アレですから、
それで、雪の後、孫Dちゃんが遊んで、
芝生が全滅した、土でドロドロになった庭に下りるってねぇ・・・。

足元が汚れたなら、別の入り口がありますし・・・。
先に、靴下を脱ぐという選択肢だってねぇ・・・。


もう攻め立てるパワーはないので、

「何やってんのぉ〜(ー ー;)」とちょっとだけ・・・(私的にはちょっとだけ)。

もちろん心の中では、
以前のいろいろまで持ち出して罵倒し倒しました(^_^)v



こんなのアップしたら、ご機嫌悪いかも・・・。


でも、これですっきり、ストレス解消V(^_^)V


しばし、ひと騒動のこんな時、

ハプニングにテンションが上がる孫Dちゃん。

「じぃじ、何やってんのぉ〜(≧∇≦)
 ダメじゃーん♬
 ダメだよねぇ〜ばぁば〜♪」と大騒ぎ。

男の子あるあるでしょうか・・・?


一方、このお方は、我関せず。

IMG_1377 (1)


昔から、仲裁もしないし、
もちろん、食べもしないし子です(^_^;)




ゆる〜いけどいいよね。

※ 酸素吸入には、酸素中毒等、注意が必要です。


酸素。そろそろ丸6ヶ月。
これで、心臓が良くなることはないし、
日常的に失神することもないナノハにとって、意味ある?

心臓にということで言えば・・・どうでしょう(^^;;



でも、
いつ肺水腫を起こしても不思議はないと言われている重度の心臓病。
身体はいつも酸素不足。
酸素不足、短時間でもを解消してあげたい。


顔の周りの酸素濃度が大気より少し高いかなぁ・・・程度で、
時間は30分ほど。1日、1〜2回。

ゆるやかぁ〜な感じでやっています。

IMG_1372 (1)


気づくと、
反対を向いていたりして・・・オイオイって事も度々( ̄O ̄;)


何をしても、ゆる〜い感じの我が家だけど、
ストレスにもならないし、
リスクも少ないだろうから、今はこんな感じでいいよね(^_^)v