FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年01月
ARCHIVE ≫ 2018年01月
      
≪ 前月 |  2018年01月  | 翌月 ≫

そういうことね。

先月からの病院でのお話・・・。


2階の診察室に行くことになり、

12月から主に診ていただいている先生が、
どうぞとエレベーターを勧めてくださって。

前回は、大丈夫ですと、
やや急な階段を、いつものように上ったのですが、

今回は、先生、
どうぞとエレベーターのボタンを押してくださって。

先生は、やや急な階段を、軽快な足取りで2階へ・・・。


一人、エレベーターの中で、ようやく気づきました。


お若い先生から見たら、



「あぁ。私、れっきとした「お年寄り」なのね( ̄O ̄;)」



白髪も染めず、スッピン。

ナノハや孫に、汚されようが、破られようが、
「大丈夫よ^_^」と言える、
とにかく汚れの目立たない色合いの、
とってもシンプルなデザインの服を愛用。

そして、
ナノハは驚くと跳ぶ子なので、
しっかり抱え、階段を慎重に上り下りする姿は、


そりゃあもう、

どこから見ても、どう見ても、

足元危ない、おばばさま。



そういうことか〜( ̄▽ ̄)



その後、笑いがこみ上げてきてしまい、
診察室で待っていてくださった先生への説明がグダグダ(^^;;


そんな説明でも大丈夫なくらい、ナノハの体調は安定していますV(^_^)V



今後は先生にご心配をおかけしないためにも、
積極的に、エレベーターに乗せてもらいましょ(^_−)−☆





こちらはかわいいおばばさま(*^_^*)

IMG_0059_20180128144330f86.jpg


本性は「ガルガルおばばちゃん」(^_−)−☆






スポンサーサイト