FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      
≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

寒いからかなぁ。

リビングからの、冬至の夕景。

IMG_1238_20171227090112618.jpg



これから、だんだん日が長くなりますが、
寒さはこれから本番。





ナノハ、
寒くなってきてから、飲水量が減ってはいたのですが、
ここへきて、激減。

尿量は若干減ったくらい。


フロセミドに反応が悪く、
効果がずっと強いというルプラック(トラセミド)を服用中。


おしっこするけど水を飲まないって・・・。
腎臓は悲鳴をあげていないのか?
寒いから、体の水分が失われなくなったのかなぁ?
薬に耐性できちゃった?

こちらの心配をよそに、
本人は穏やかに過ごす毎日。
今日も気持ちよさげに、ウトウト・・・。

IMG_1263 (1)



これで、不調はないよなぁとは思いつつ、
呼吸、心拍数が、若干多め・・・?

もう少し早く来てくれれば・・・は絶対に避けたいので、
こんな程度で悪いなぁと思いながらも病院へ。




元気、食欲はあるし、体重は減っていないし・・・。

大丈夫ですよ・・・って。

血液検査をしましょうか?と訊かれましたが、
先日、血液、エコー、尿検査済み。結果は良好。
今回は私の安心のため・・・。
なので、検査は断りました。


実はナノハ、
何回か診てもらって、このA先生の診察時、心拍数が増えない。
様子を観察し、
わかりやすく言うと、A先生は好き。らしい。
これはと〜〜〜〜〜〜っても珍しい事。


それなのに、度々嫌なことをされて、嫌いになったら困る。

先生は、
僕は嫌われても大丈夫っておっしゃったけど、
私が困る。

この先、
できるだけ、負担が少なく、リラックスして受診させたいですから。



塩分のない、「水」は増やしても大丈夫・・・ってことだから、
ごはんの水分を増やす予定。





スポンサーサイト



ループ。

この冬は、寒いですね(T . T)


今年は服を着ないと主張しているナノハですが、
様子を観察したところ、
「寒そうにはしている」ので、交渉してみました。



これなら、着てもいいらしい。

IMG_1213.jpg



このセーター、喉元も、胸周りもブッカブカ。

IMG_1229.jpg




となると・・・

動くと、毛の流れから、当然こうなる(^_^;)

IMG_1234.jpg


で、着せ直す。

また脱げるの繰り返し。


これもまた楽し(^ ^)




受け入れるけど諦めない。

寒いです(・・;)

「例年より寒い」とよく耳にする気がするのですが、
一度着たきり、服は着ないそうです(-。-;
寒がりのはずなんですけど・・・。
着ないなら着ないでかまわないけど、
昨年までは着ていたのに、なぜ?



IMG_1208_20171211075203cf0.jpg





残された時間が僅かなら、
もう、痛いことも、嫌なこともしない・・・
なんて思ったりもしたのですが・・・。



壊死性髄膜脳炎の経験があるので、
イカンイカンと思い直しました。

余命半年、長くて2年。
統計はそうなるようでしたが、
ナノハ、発症からもうすぐ6年半。

近頃は、2年以上頑張っている子を複数、ブログで見かけ、
そっと応援しています。

きっと、
真摯に頑張っている先生がたくさんいらっしゃって、
日々進歩している。




IMG_1194.jpg




で、話を元に戻すと・・・。

今、ナノハが直面している僧帽弁閉鎖不全症。

統計的には、
残された時間は僅か・・・の部類に入るのでしょう。
それは仕方ない。
また、肺水腫になる可能性も高い。

でも、そうなるかどうか・・・
そんな事、わからないからね。
100%でない以上、統計から外れる子もいるわけで・・・。


可能性を信じて、いろいろ模索中。




IMG_1182.jpg




「手術しないなら、ナノハに会えるのも、もう数回かなぁ・・・。」

そう呟いた息子 T 。


大丈夫!
手術が成功したのと同じくらい会える。