ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年09月
ARCHIVE ≫ 2017年09月
      
≪ 前月 |  2017年09月  | 翌月 ≫

っぽいでしょ。

写真では分かりにくいけど、
ペットボトルで作成の酸素マスク?
使えるようになりました(^_^)v


IMG_1003.jpg



ようやく慣れてくれたようで、
こうすると、いかにも・・・っぽい。


IMG_0498.jpg





先日の診察。

体調が安定しているので、特に質問する事もなく、
今後の注意点を再確認したら、


心臓の悪い子は膵炎も・・・と先生。

心臓が十分働けないので、膵臓への血流不足から膵炎に・・・。




血流不足・・・。


以前から、「薬が必要な場所にちゃんと届くように」と、
血液サラサラ、血流スイスイ・・・と、
配慮はしているのですが、大丈夫かなぁ・・・。


ちょっとだけ・・・と、
家事の途中で
復習を兼ね調べ物を始めたら、やめられない・・・(・・;)



結果、深夜に洗濯物をたたんだり、
コロコロ持って、床掃除。

調べ物は頭がクリアな時間でないと難しいけど、
こういう種類の家事、ざっくりなら、
半分寝ながら・・・の頭でも、なんとかこなせる・・・(^_^)v





スポンサーサイト

ダメだ、こりゃ。

モゾモゾしてはみ出してきたおしりが可愛くて、

IMG_0950.jpg


「おしり、出てるよぉ〜」って笑ったら、

嘲笑われたと思ったらしく・・・、

「ガルルッ」って、怒った( *`ω´)

噛みつくよ!と言うように威嚇した直後の表情^^;

ちょっと反省してる?

IMG_0952.jpg


カメラに気づいて、

IMG_0955.jpg


「これでどう?
モデルのギャラ、くれるよね?」・・・って?・・・^^;

IMG_0962.jpg


この様子に、咬みつこうとした事を叱り忘れた・・・ダメ飼い主。





利尿薬の服用を始める時点で、
先生が、「おしっこ、失敗するかも。」と言われたのに、
その傾向は見られなかかったのですが、

夏、時々、尿漏れというか、おもらしというか、おねしょ?・・・。


おねしょ・・・ってマイナスイメージですが・・・。


体調が悪い時は、眠りが浅いから、失敗しない。

でも、体調が良いと、気持ち良く熟睡できるので、
尿意に「あっ!」と目覚めてトイレに駆け込むけど、
すでにちょっと漏れちゃってる・・・。

そんな感じです。



失敗は構わないけど、

ただ、

この夏は雨続きで、
ベッドの洗濯、乾かないのが悩み・・・(ー ー;)

もどきは、
端を処理した布を折ったり、丸めたりしただけなので、
洗濯が簡単、乾燥も早い!

良いアイデアだと思ったのですが、

冷房を効かせた部屋だし、
一番好きなのはシェルベッドなので、ほぼ役に立たず(・・;)




先日の「飲水量が減った・・・?」は、相変わらず。
気になりますが、 体調は良さそうです。




待てない。

もうすぐ「ごはん」

今日はおとなしく待っていられるかな・・・?

IMG_0966_20170913110659c0a.jpg



残念!

今日も待てない・・・ε-(´∀`; )

IMG_0975_20170913110700a8b.jpg


ごはんがうれしくって、待ち遠しくって、

毎回、ソワソワ、ウロウロ、ついにはワンワン・・・。



食欲の塊、ナノハがおとなしかったら、かなり重篤。
救急搬送・・・(・・;)





ここのところ、飲水量が減ってきました。
単純に、涼しくなったから・・・ならいいのですが、
利尿薬の効果が関係していると、心配。
尿量の変化は少ないから、大丈夫かな・・・?
いや、これって腎臓的にはまずいって事もあるのかな・・・?



酸素シュワシュワ。

お天気は、なんだかなぁ・・・の日々ですが、
ナノハの体調は安定を継続中ですV(^_^)V

IMG_0864 (1)



確かに調子は良い。


でも・・・。でも、でもねぇ・・・。


昨年夏、肺水腫で夜間救急を受診した日ですら、
ごはん、ごほうび、おやつ・・・完食していたナノハ。

その後、安定している日々はもちろん、
不安定な日々も、、快食、快便。眠れてもいる様子。

年齢も年齢だし、心臓も悪いので、寝ている時間が多いけれど、
私が部屋を移動すれば、トコトコついて来るし、反応も俊敏。

にもかかわらず、

検査は毎回、惨憺たる結果。

この春頃から呼吸数が若干減り、
わずかに直近のANP検査結果だけは良くなっていたけど、
これは、「心臓が信じられない大きさ」になっているからで、単純には喜べない。
NT-proBNP検査はひどい数値だったし・・・。

先日受診したら、心拍数240・・・。
病院だからとは言え・・・ねぇ・・・。


辛そうには見えないけど、
検査結果から思うに、
これで苦しくないってことはないだろう・・・。

おそらく臓器は慢性的な酸素不足・・・。



という事で、苦しそうには見えないけど、時々、酸素吸入。

IMG_0921.jpg



どういう効果があるのか・・・
安易な酸素吸入は毒にもなりかねないとかなんとか・・・

何が正しいのかは、正直わからない。

ただ、
時々は、身体の隅々まで、酸素を行き渡らせてあげたい・・・。




※ 担当の先生に相談、報告して行っています。