FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2016年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年12月
ARCHIVE ≫ 2016年12月
      
≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

いっぱいいっぱいで過ごしてた。

今日は、日差しは暖かい。

ナノハ、服は着ないで過ごすそうな・・・。

気持ちよくて、目がとろ〜り。

ポカポカ陽気に、眠くてたまらないけれど、撮影には協力してくれる。

IMG_8982.jpg




昨日の午後もご機嫌良好でした。

IMG_8944.jpg


ゆっくり、まったり過ごせています。



デジカメの設定がいつからかオートになっていました。
オートじゃ、ナノハにピントが合わないのに・・・。
そんな事にも気づかないほど、
余裕なく過ごしていたみたいです。








先月の記録です。


夏の肺水腫以来、
毎日、呼吸数、心拍数を、数回、記録しているのですが・・・。

先月中旬のこと。

午前中。
スヤスヤ?寝ているナノハの呼吸数が「72」に。

で、いつも通りの・・・

「ハァハァ」も開口呼吸もなし。
「コホッ」とも「カッ」とも咳は出ず。チアノーゼもなし。
横向きで伸びて眠り、食欲旺盛、ごほうび要求も忘れず。
監視、お知らせ活動も怠りなく。


病院でも・・・

呼吸音はきれい。
多少の雑音はあるものの心音もしっかりしている。
(これはいつもどの先生もおっしゃる)
利尿薬の服用で上昇の可能性のある項目を含め、
血液検査はすべて基準値内で炎症反応もなし。

「幸い、腎臓の数値が非常に良いので、利尿剤を増やしましょう。」

注射もしていただきましたが、
この日と翌日明け方まで
呼吸数50余り/分〜70余り/分、
心拍数120〜150余り/分を行ったり来たり。

午後になり呼吸数がグッと減りました。

その後、
腎臓に優しい利尿剤の注射に数日通い、すっかり落ち着きました。



それにしても・・・。


検索結果によく出てくる肺水腫、僧帽弁閉鎖不全症の
呼吸数以外の症状が、当てはまらない。


今のところ、不調のきざしに気づくには、呼吸数しかない。


スポンサーサイト