FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2016年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月
ARCHIVE ≫ 2016年02月
      
≪ 前月 |  2016年02月  | 翌月 ≫

気を引き締めよ。

三寒四温に気を揉む私をよそに、安定中のナノハ。


お洋服で、春を先取り。

IMG_6695_20160216092902d87.jpg


う〜ん(ー ー;)
黒チワワにはどうだろうか・・・。




さて、

実は、孫Sちゃんが生まれた日、
私が、
「ナノハ、誤飲しちゃったかも」事件を起こしまして・・・。


孫Sちゃんのめでたい日に、
ナノハに何かあっては大変と、慌てた私をはじめ家族は、
ほとんど何も入っていないゴミ箱の底の「物」を
誰も見つけられず・・・。

後になってみれば、
なぜ、これに気づかない・・・?



病院へ行ったものの、
誤飲していないのだから、
レントゲンにも、エコーにも写るはずはなく・・・。

「本当に誤飲した・・・?」
「・・た・たぶん・・・。」


先生がおっしゃるには・・・。

確実に「物」が大きいままで 写れば、麻酔をして内視鏡で取る。
その際、脳炎には麻酔はリスクが大きい。

が、今回は誤飲しているなら、噛み砕いている。
若くて元気な子なら、
吐かせてみるという選択肢もあるが、ナノハはそうはいかない。

口に少し麻痺。喉にもある・・・。
うまく吐けるか・・・。
気管に入る、詰まる、可能性があり、誤嚥性肺炎も。
誤嚥性肺炎の治療には、今飲んでいる薬との問題が出てくる・・・。

今の状況でできるのは、
うんちに混ざって出る事を期待し様子を見る。
しかし、腸に移動できない大きさの場合、
吐けなければ、胃の中で浮遊し続ける。
その場合、慢性的に吐き気・・・。


ゾッとしました。


私の勘違いからの一騒動でしたが、
「これから、よりいっそう気を引き締めよ!」という
どこからか、だれかからのメッセージ。

自分で引き起こし、
勝手に「メッセージ」なんて結論づけていますが、
ここのところ、気が緩みがちでしたし、
この機会に、気持ちを新たに、引き締めていこうと思います。

「安全第一」です。

スポンサーサイト