ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
      
≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

疑いではないと思う。

何事につけても、
ケセラセラとは、なかなかいかない私。

先日の胆泥症のエコー検査以来、
胆嚢粘液嚢腫が気になってしかたありません。
先日、爪切りをして頂いた先生も、エコー写真を見て
『うーん、これはちょっと・・・どうかなぁ・・・。』
なんて、超微妙なコメント。

ますます、気になるんですけど・・・。

IMG_6143.jpg


人事を尽くして天命を待つ。

このことわざ、
ドーンと構えられない自分の慰めに使っていますが、
私の辞書では、
最悪の事を想定して、大騒ぎ。
疲れて、『天』に丸投げ。

で、まず、最悪の想定。
胆泥症ではなく、胆嚢粘液嚢腫。
で、胆嚢破裂・・・。
さすがに、これは避けたい。

今はネットで色々検索でき、便利。
すぐには頭に入らないような資料も見られるので、
家族を巻き込んでの大騒ぎにはならず、
『ずっとパソコンの前で何してるの?』程度で済むので
助かります。

ただ、私程度の検索スキルでも、
『あぁ・・』というものが複数見つかります。

R先生によると、
まだ、疑いを持っていた方がいいという段階、
進行してくれば試したい強めの薬もあるし、
経過観察で、破裂の前に手は打てる。
ただ、急に胆管に詰まるのだけは怖いので、
見逃さないで。

そう言われたけれど、
ナノハは、胆嚢粘液嚢腫だと考える事にしました。

この病気、結局手術になる事が多いらしい。

そんな中見つけた、
『胆嚢粘膜嚢胞の非外科的消散:2例』
この2例、ナノハとは違うサプリメントを
服用しているようです。
ただ、甲状腺の薬も服用、治療しているようで、
甲状腺(原病)の回復に伴い粘膜嚢胞消失?
とすると、ナノハの場合は・・・。

このサプリメント、
次回質問してみようと思いますが、
サプリのカテゴリーではなくなった?ようですし、
今の物の方がナノハに合っているということで、
選択して下さってるっぽいなぁ。

別の内科療法(薬)の提案がされている物もあるのですが、
他の病気との関連もあって、私のわかる範疇ではない・・・。

薬、サプリメント、ステロイドの減薬、低脂肪食。
出来る事はしている、してもらっている。
ナノハも頑張ってる。

後は、手作りごはんをもっと勉強だな。

そして、いつも通り。
アタフタし疲れた私は、
後は『天の計らい』に任せ(丸投げし)よう。

色々な意味で、
自分の『無力さ、小ささ』を痛感する日々です。

IMG_6188.jpg

さて、ナノハは、快食、快便、快眠の毎日。
なのですが・・・、
季節柄、ここ1週間、
ほぼ一日中ハウスに潜っているので、
判子で押したような写真ばかり。
この他は、ヒザで寝ているか、
ごはんのおねだり2パターン。

衣装も少ないし、お出かけもしないし、
写真は、完全な手詰まりだわぁ〜。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

じっとしてなんかいられない。

ここのところ、
ごはんの炭水化物を減らして、
『サツマイモのおやつ』を増やしています。
理由は・・・
ウ〜ン・・・おやつは楽しいから♡

でも、ナノハの食べられる量はちょっぴり。
作った物は、冷凍保存しています。

オーブントースターで解凍中。
言葉通り、首が長くなっているナノハ。

IMG_6113.jpg

温まってきて、匂い始めるとじっとしていられない。
パブロフの犬、条件反射というヤツですね。

フィルムじゃできない贅沢だわと思いながら、
毎日、何十枚も写真を撮っていますが、
ぜーんぶピンぼけ。

あまり騒ぐので、
時にはケージを閉めてみたりするのですが、
やっぱり大騒ぎ。

IMG_6036.jpg

騒ぎ過ぎはどうかと思いますが、
寒いとどうしても運動不足になりがち。
運動不足解消を兼ねての『おやつタイム』ということで。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

2014年7月〜9月 無事に過ごせた夏。

この記事はブロとものみ閲覧できます
病気のまとめ(3ヶ月ごとなど) | Comments(-) | Trackbacks(-)

冷える日は静かすぎる。

体調良好はわかっていても、
あまり静かなので、
ハウスを覗き込んだら・・・、
睨まれた。

IMG_5951.jpg

起こしちゃった?


時々、外の様子を伺うものの、

IMG_5997.jpg

ついついウトウト・・・。

IMG_6003.jpg

冷え込むので、こんな感じで過ごしています。


けれど、こういう時は、別。

IMG_5979.jpg

寝てる場合じゃなかったわ!
着替えも拒否して、アタシも欲しいと大騒ぎ。
良かった、やっぱり好調ね。


あまり静かだと、
お菓子の袋をガサガサ音立てたり、
ごほうびビスケットのケースを開けたりして、
ナノハが反応するとホッとする。

こんな、
人から見るとバカバカしいし事をしています。


たくさんの子が、
飼い主さんが、
獣医さんが、
スタッフさんが、
頑張っていらっしゃる。

考え方も、治療法も、選択も、それぞれ。

でも、
穏やかな日々を願う。
それは、皆、同じ。
ナノハも、私も、同じ。

病気でも、健康でも、きっと同じ。

皆の願いが叶いますように。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

ごめんね。ウルソ、スパカールそしてベジサポ。

この記事はブロとものみ閲覧できます
病気の記録やいろいろ | Comments(-) | Trackbacks(-)

エコー検査と覚え書き。

この記事はブロとものみ閲覧できます
病気の記録やいろいろ | Comments(-) | Trackbacks(-)

ここ数日。

秋も深まった感じの今日この頃。

ナノハの日常は相変わらず。

IMG_5697.jpg

体調は安定していて、穏やかに過ごせています。

IMG_5703.jpg

冷え込む日はちょっと苦手そうですが、
四季のある日本・・・仕方ないよね。

IMG_5741.jpg

このまま過ごしていきたいと、切に願っています。

IMG_5751.jpgす。

ナノハには、切に願ったり、先を思い煩ったりしないで、
病気なんてどこ吹く風で暮らして欲しい。

IMG_5780.jpg

昨日は、エコー検査、尿検査をしてきました。
まとめておきたいと思いながら・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

預かりたいけれど。

きっかけや経緯は置いておきますが、
以前から、元繁殖犬の預かりさんをしたいと思っています。

toshi さんも反対ではなく、
この頃は、
『ウチに来る子はどういう風に決まるの?』とか
『預かりとは別に、高齢犬ならまだ飼えるのでは?』
(私たちは子犬を看取る自信の有る年齢ではないので・・・)
なんて事を言ったりするのですが、
なかなか手を挙げられません。

というか、挙げても、あちらからOKが出ないよねぇ。

要介護の両親、
我が家へ出入り自由な未就学児。

立場が逆なら、私も断るわ。

『その状況では、安心して預けられないわ。』と。

そして、もう一つの理由。

安定しているとはいえ、
免疫力を動かさないようにとワクチンは打てず、
感染症に罹りやすく、散歩も勧めないと言われ、
そして、出来るだけストレスをかけないようにと
注意を払って暮らしている
犬が苦手なナノハの体調変化のリスク。

このリスクを取る事が出来ない。

実家で飼っていた猫は、
犬が同居(屋内の外飼い)したことのストレスで、
おしり、しっぽの毛が抜けて、最期まで回復しなかった。

この性格で、病気のナノハには、ストレスは怖い。

我が子さえ良ければそれでいいのかと
後ろめたい気もしつつ、
でも、この子は、絶対に幸せにすると我が家に迎えた子。

うーん・・・。
どうしたものか・・・?
どうする術も、今はない・・・?

頭の隅、心の端っこで、
大きくなったり小さくなったりしながら、
モヤモヤと渦巻いています。

冷静に考えると、私の思いとは別に、
今は『お呼びではない』よなぁ。
そうも思うのですけれど・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

書き直すのもアレなので。

冷え込んだ今朝、視線の先には・・・、

IMG_5615.jpg

たぶん、ヒヨドリさん。

IMG_5604.jpg

人の目には、
ずっと前から赤く色づいていた庭のウメモドキ。

でも、小鳥がついばむ事もなく、
どうしたのだろうと話していたのですが、
ここ数日やって来るようになりました。

けたたましい鳴き声は、
ヒヨドリなのかムクドリなのか・・・。
もっと小柄なのはシジュウカラ?

小鳥たちも気になるけれど、
カメラへの注意も怠らないナノハ。

撮ったよね?今のはアタシを撮ったよね!
モデルのごほうび、よろしくね!

IMG_5614.jpg

急に近づくとピントが合わない。
まぁ、元々、気にしちゃいないけどね。

今日も、変わらない一日を過ごせますように。

だったのですが、
あれやこれやと所用に追われ、
結局、更新は夕方になってしまい・・・、

変わらない一日を過ごせました・・・となりました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

いつもの事。

いったいどうしたの?

IMG_5536.jpg

思いっきりブルーな雰囲気を醸し出していますが、
『エコー検査で病院へ行く』と言ったら、こうなりました。

毎回のことですが、日本語がわかってる!と確信する一瞬です。

まぁ、病院は嫌だよねぇ。

帰宅後は、いつものこんな感じ。

IMG_5539.jpg

今日は、比較的空いている曜日なのですが、
エコー検査は混んでいました。

ナノハは急ぎではないので出直す事に。
少なくなった薬だけ頂き、散歩をして、帰宅。

関東地方はお天気が悪く、
12月並みの冷え込みとの事で、
ハウスにペットヒーターを入れました。

こちらは記録用に10日の写真。

IMG_5533.jpg

気づくと、これしか撮っていない・・・。
ブログ、日を空けると写真が少なくなり、反省。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

おやつ探し。

(写真は、体調チェックの意味もあり、7〜9日の様子です。)

ナノハとのおやつタイムは楽しみな時間。

IMG_5525.jpg

以前、『おやつなんて必要かなぁ・・・。』と
つぶやかれた獣医さんもいらっしゃいましたが、
『自分の食べ物を与える事は実に楽しい事。』と
おっしゃる獣医さんもいらっしゃる。

『楽しい事』というコメントに出会えたときは、
思わず手を取り、握手を求めたかったものです。

何といったって、『自分の食べ物を・・・』ですからねぇ!

IMG_5462.jpg

とは言え、ナノハは2キロちょっとの小型犬。

例えば、おせんべいのほんのひとかけらをあげる時、
『その量の20〜30倍の物を
 自分が食べる事を想像するように。』
これはまた別の獣医さんに言われたこと。

『飼い主さんは皆さん、ほんの少しとおっしゃる。
 でもね・・・』と。

IMG_5444.jpg

で、
『ちょっとだけだよ。』と言いながら、
実は結構、人の食べ物もあげている我が家ですが、
ごほうびのビスケットは一応わんこ用。

これが、新規格になったようで、
ナノハにとっては入っていて欲しくない物が入った模様。
前の規格品のストックは、僅かに半袋。
どうしたものか・・・。

完全手作り食には、塩分補給も必要ってことだし、
いっその事、ごほうびも人間用せんべいにしちゃう?
そういう事ではないか・・・?

色々なところに、僅かずつ問題のあるナノハ・・・。
学べど学べど切りが無い・・・。

ナノハ:出て来い!サツマイモ!

IMG_5490.jpg


壊死性髄膜脳炎のおかげで、最低、月2回の通院。
結果、頻繁に健康チェックをする事になっています。
様々な問題(病気)が非常に初期に見つかり、
生活や食事、治療を見直す事で、
ここのところ、血液検査、尿検査とも良好。
今は医原性クッシングが問題だけれど、
皮膚も快方傾向だし、他の症状は見られない。

IMG_5453.jpg

健康が一番。
それはそうだけれど、
日々の体調を気遣いながら、濃密に関わって暮らす。
今の暮らしも悪くない。
いや、もしかしたら、好きかも・・・。

なので、脳炎にちょっとだけ感謝(?)しながら、
でも、絶対に静かにしていて・・・と思う私です。

通常は、長くは一緒にいられないというこの病気。
こうして穏やかな日々を過ごさせてもらえる事に感謝。
恵まれている分、
後で悔いる事のないように過ごしたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

ごめん、ごめん。

この記事はブロとものみ閲覧できます
ナノハの通院 | Comments(-) | Trackbacks(-)

警戒中。

ナノハ、体調不良(特に脳炎関連)の時は、
薄暗い所を好む印象です。

だから、日なたで寛いでいる様子は、
気持ちがほっこりする、嬉しい事なのですが、
カメラを向けると起きてしまい、
なかなか写真に撮れません。

そして、今日はこれが限界。

IMG_5422.jpg

改善したおなかの皮膚の様子を撮っておきたくて、
追いかけ回したせいか、すっかり警戒されてしまいました。

ここ数日の写真。

11月2日

IMG_5328.jpg

11月3日

IMG_5337.jpg

11月4日 朝のあくび。

IMG_5350.jpg

おなかの写真で追いかける前。
この時はご機嫌。

IMG_5365.jpg

ずっと調子も安定して、
写真に写るオーラ(?)もいい感じに思えます。

台風20号の様子が微妙ですが、
どうぞこのまま調子良く過ごして欲しいと願っています。


そして、
感染症で危ないか・・・と思われた義母ですが、
抗生剤が効き、復活の兆しです。

義母は脳梗塞の後遺症の認知症(記憶障害)や
うつで、苦しんできました。
自分自身に違和感があるようで、
私はおかしゅうなっとるじゃろ?と
度々訊いてきましたし、
自分がおかしい(わけのわからない)事を言わないように、
なるべく話さないようにしている様子でした。

次第に、言葉少なになり、
コミニュケーションが難しくなり、
拒食症のようになり、入院。

お見舞いに行ってもほとんど会話はありませんでしたが、
そんな中、わずかに話すのは、
寒うないかね?
(お見舞いの品を)あなたらも食べんさい。
など、ほとんどが、私たちを気遣った声かけでした。
そして、しばらくすると
はぁ、帰ってええよ、と言って、目を閉じます。

今回、熱が下がり、目が覚めてみると、
とてもよく話すようになり、
さみしい、帰らんでね、
痛い・・・、辛い・・・
(絶食中なので)食べさしてもらえん・・・
同じことを何度も繰り返します。

体調を崩すと認知症は進行すると
ご近所のご主人が教えてくださいましたが、
そうなのかな・・・という状況です。

そして、私だけだと、toshi さんは来ないのか、
連れてきてくれと何度も言います。

これまでは、忙しい息子を気遣って、
はぁ、帰ってええよ・・・と目を閉じていたのでしょう。

記憶障害やうつに苦しみながら、
自分の口から出る言葉を、
多分、ずっと律していた義母が、
胸の内を言葉にできるようになったのは、
楽になれたのではないかとホッとする反面、
今の自分を、義母自身はどう思うのだろう・・・。
望まない自分の姿かもしれない・・・。

なんとも、複雑な心境です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

秋の日々。

暖かな日は、日差しを満喫し、

IMG_5263.jpg

暖かいなりに・・・。

IMG_5265_20141101131906e85.jpg

冷える日は、ホットマットの上で、

IMG_5279.jpg

寒い日なりに・・・。

IMG_5294.jpg

ハウスから覗かせる顔も、変わりなく、

IMG_5298.jpg

穏やかに過ごしています。

ナノハのおなかの皮膚の状態もかなり改善しました。
今はうろこ状というより、
剥がれてきた古い皮が、所々、ぶら下がっています。
皮膚の色も健康そうなピンク色になってきました。

ナノハは、体調に変化なく過ごしていますが、
ずっと入院中のおばあちゃん(義母)が体調を崩しました。
80才と高齢、持病もあるので・・・。

そんな事情で、ブログの更新、間が空くかもしれません。

ナノハの事は、見落としの無いよう、
注意して見守って行こうと思います。

ひんやりした空気の中、10月31日、台風20号発生。
俄には信じられませんでしたが、
まさか日本に影響はありませんよね?


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村