FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      
≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

ナノハの意志。

ナノハの元気な様子を見るのはとても楽しい事です。

IMG_1620.jpg

甘ったれて、私について歩き、抱っこをせがみ、
隙あらば・・・という感じで、ひざの上に乗ってきます。

IMG_1615.jpg

いつまでもこうして暮らしたいけれど、
最期はいつか来ます。
その時は、私の腕の中・・・と思いますが、
今回の体調不良で、それは難しいなと感じました。
以前から、薄々感じてはいました。

ナノハは、体調が悪いと、じっと身を潜めます。

動物はみんなそうですか?

下痢になると、いつも使っているトイレは使いません。
初めて下痢をした時から、そうでした。
自室のケージから離れたところで用を足します。
辛くても、わざわざ、離れた所まで行くのです。
自室の側に、私は体調不良です、という情報を流すなど、
以ての外・・・なのでしょう。

みんなそうなのか・・・、
ナノハとしか暮らしていないのでわかりません。

腰や足を傷めた時も、脳炎の時も、
抱っこもされたがりませんでした。
じっと身を潜め、回復を待つのです。
今回もそうです。

いずれその時が来たら、
じっと身を潜めたまま、私たちにも悟られないように、
そっと、一人で逝ってしまう・・・。

私の希望ではないけれど、
ナノハの意志なら尊重しなければなりません。
それとも、ほんとうは、元気な時に甘えるように、
抱き上げて欲しいのでしょうか・・・。

そんな事を考えた、今回の体調不良でした。

スポンサーサイト