FC2ブログ

ナノは庭を走らない。

   愛犬ナノハと私の日常 〜闘病のあれやこれや〜                      
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月

さて、どう伝えるか。

昨日は雨。しとしとと降って、肌寒い。いや、寒い。
今日はくもり。やはり気温は低い。
昨日からは、咳はグッと減り、軽く、出てもすぐにおさまり、
数日前の心配が嘘のよう。

IMG_2394.jpg


やはり、湿度とか乾燥とか、関係があるのでしょうか・・・。
室温もここまで冷えた方が良いのでしょうかねぇ・・・。

ワンコとこういう暮らし方をするのは初めて。
その上、病気、個体差もあるとなるとわからないことだらけ・・・。
何をするにも、自信が持てません。



咳についてご心配をおかけしているので、少し・・・。

僧帽弁閉鎖不全症。ご存知のように、進行性の病気。
手術をしない場合、肺水腫への覚悟が必要と聞いています。
咳は、肺水腫の症状でもあり、ついつい敏感になります。

この肺水腫の咳。湿った重い咳のようです。
実は、これ、経験がありません。

初めての肺水腫の時は、咳は出ておらず、
心臓も大きくなっていませんでした。

こういう例、小型犬で見かける・・・と言われました。

先日の2回目も、
初期というか、軽度で、そういう咳ではありませんでした。

肺水腫の場合、咳がどうのと言っている余裕はなく、
躊躇なく利尿剤を使って、
尿をガンガン出して、肺の水を抜く・・・と理解しています。
これについては、迷いはありません。

さて、
何度も、ああか・・・こうか・・・と、書いているのは、もう一つの咳。

心拡大によって気管が圧迫されることで起こる咳。
気管が狭くなることで起こるとか、神経が刺激されて起こるとか・・・。

心臓がこう大きくなっていては出るのは当然と言われています。
でも、あまり多いと体力を使うし、体の負担になります。

対策、治療の一つは、咳止めの服用。

咳止めは、頓服として2度処方していただきました。
神経を沈めるのか、眠くなるので、安静が保て、確かに咳は静まるように感じます。
が、今のナノハの生活では、ほぼ寝ていますし、
他の方法で咳は止められるし、今は使わなくていいというか、
使うタイミングが今ひとつわからないというところ。

もう一つは、利尿剤の増量。

体内の水分量を減らし、心臓の負担減、拡大した心臓が小さくなるのを期待。
小さくなれば気管の圧迫も減る。咳も減る。
でも、利尿剤増量は腎臓の負担になります。
腎臓に配慮した食材、調理法を選んでも、
そんなもの、薬に太刀打ちできるものではない。
腎臓の機能が落ちれば、そのうちごはんを美味しく食べられなくなる・・・。

増量はできるだけ遅らせたい。

今は、咳がでても、水っ気のあるものを舐めさせると、
すぐに、またはしばらくすると止まり、呼吸数も増えません。
増量のタイミングは今ではない気がします。

でも、手遅れにはしたくない。

で、咳の多い日は、
今日はおしっこが少ないからなぁ・・・とか、
塩分が多かったかなぁ・・・とか、
乾燥のせいかなぁ・・・とか、とか、
タイミングはまだだと思いたくて、
うじうじと原因をこじつけてみるわけです。

受診が、一昨日だったら、
「咳が増えています。」と伝えたでしょう。
そうすれば、利尿剤は増量になります。
それは、これまでの先生とのお話から確実だと思います。
でも、今日だったら、
落ち着いたので、もう少し様子を見たいと言ったでしょう。

増量のタイミングなのか?そうではないのか?
その判断を仰ぐのに、さて、どう伝えるか。
スマホのビデオも使ってみますが、
日によって違う状況を、
正確に伝えるのは難しいなぁと思いながら過ごしています。


説明のつもりが、今日もまたグダグダと・・・。
「少し」のはずが長くなったしまいましたm(__)m


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

乾燥・・・かな。

今日も、のんびり、スヤスヤと・・・。

IMG_2373.jpg

羨ましい。


ここのところ、空気が変わりましたね。

洗い物の後の手の乾燥も気になるようになりました。

湿度を見ると、やはり乾燥しています。

夏とは違いますね。


ナノハの咳。

「ケホケホ、エホエホ」の軽い咳から、
「コホッコホッ」「カンコン」と言うか・・・の重い?大きい?咳に。

乾燥のせいかなと思うのですがどうでしょう?

咳が止まるので、
豆乳やヨーグルトを少し舐めさせたりしています。

湿度が高くてもダメ、乾燥もダメ・・・。

まぁ、誰しもそうですよね。

加湿器はどうも好きになれないので、さて、どうしよう・・・。


なぁんて、
僧帽弁閉鎖不全症進行から目を逸らしています。
ダメですよね。
でも、そんな日もあります。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

見ている方も眠くなる。

寝てばかりなのはいつものこと。

IMG_2370.jpg


寝ている時の呼吸は穏やか。
格好が、 ちょっとアレですが、気持ち良さそうで、
見ているとこちらも眠くなります。


「動くと咳」は頻繁ですが、食欲もあり、反応も良く、体調はすっかり回復。

IMG_2368.jpg



一つ違うのは、体重が少し減ったこと。
減り続けるわけではなく、減ったまま維持です。

確か、某獣医さんの本で、
ごはん、少量頻回でダイエット・・・と読んだ気がしますが、
まさしくソレでしょうか?

でも、これからは「馬肥ゆる秋」すぐにもどるでしょうね〜(^_^;)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

何が起きていたのか。その2。

2日の「日頃とは違う様子」は、肺水腫による辛さや
治療に使用したオピオイド系の薬剤の影響も含まれていると思います。

肺水腫に関しましては前回記録しましたので、
今回は、他のことを中心に記録します。

前回「何となく何かが気になって・・・」と書きましたが、
それは、「咳の後えずくような姿勢」をしたことだったと思い出しました。
今後、思い出したことがあったら、追加、訂正することもあると思います。





前回は、思わせぶりな終わり方をしてご心配をおかけしました。
申し訳ありません。

実は、ナノハの見事な回復ぶりに、
日が経つにつれ、「その2」を公開する気が失せていきます。
「心配しすぎだよね。」って話です。
目立たないタイトルにすればよかったとか・・・ウジウジと思っています。

とは言え、不調があったのは確かなので、
気を取り直して、まず経過から記録しておきます。

9月2日

1日は穏やかに、調子良く過ごし就寝。スヤスヤと寝息。
2日4時過ぎに咳、いつもの時間。ただ咳が大きく、咳き込んだ後えずくような姿勢か?
7時頃、朝ごはんを食べさせようとした頃の呼吸数は32回程度。
「あれ?」と思ったものの、たまにこんなこともあるし・・・。
でも、食べっぷりが悪い。
具体的には、下を向くことが辛そうで、かつ舐め取りにくそうで、
結局少し残してしまいました。日頃、残すなんてことはない。
前回の、あの苦しかった肺水腫の時ですら食べていた子です。
食べ方のこともあり、脳炎の再燃が頭を過ぎりました。

そうこうするうちに呼吸数が60回、80回と増え、
とにかく病院へ・・・。

レントゲンで、肺門部にわずかで分かりにくいが肺水腫を確認。
(こちらの治療は、前回記事)
主には腎臓の様子を確認する目的の血液検査。
腎臓の高値は利尿剤の影響でこれは想定内の数値。
が、ALB・CPK・LIP基準値を大きく外れる。BWC・CRPもわずかに高値。
簡易に、立ったままでエコー検査。心囊水軽度に(+)
詳しくは診られないが、内臓に問題は見当たらない。
(肺水腫の状態で、詳しく検査することは体勢等から危険。)
診察・検査の結果から、
利尿剤(2種類)、抗生剤、ステロイド、痛み止めを注射。
(尿量が増えた印象はないがベッドでしている時もあり、1日の総量は確認できず。)
午前中病院にて酸素吸入。

おしっこを我慢し続けるので一度帰宅。すぐに排尿。
薬の影響で、ぼんやりし、寝ている。
自宅でも酸素吸入。
おしっこはトイレ以外、ベッドでも寝たままでしている。
立ち上がってもふらつき、腰が砕けるようにヘタリ込む。
わずかに斜頸?

呼吸は午後3時頃から24回程度で安定。(以降11日現在まで呼吸に関しては悪化はなし。)
呼吸は安定したが体調は悪い。
(元気がない、食べない、痛み止めの効果が切れたと考えられる時間になっても
 家族の動向に反応しないなど)

夕方再受診。
後脚、目の反応を確認していただく。脳炎再燃は否定。
(午前中注射したステロイドはアルブミン値の回復と膵炎を想定してのもの。
 脳炎を抑えられる量ではない。)
痛み止めを注射。
絶食の指示はなし。

21時頃、野菜をペースト状にしたものを少し舐める。肉は食べない。
     下を向くと食べにくそうなことは変わらず。

22時半頃、豆腐を少量美味しそうに食べる。
      食べ方は、皿、手のひらからは食べず、
      鳥の雛が親鳥に餌をもらうように、豆腐を喉に落とす感じ。

痛み止めの影響もあり、ぐったりしていて、反応が悪い。全く吠えない。声を出さない。
飲水量・・激減。

9月3日

血液検査。
ALB・CKP・LIP・・・基準値内に。
反して、WBC・CRP・・・上昇。
注射・・利尿剤(1種類)、抗生剤。痛み止めはなし。
ごはんは食べて良い。炭水化物主でタンパク質少量。少量頻回で。

食欲・・やはり下を向くと食べにくそうというか、食べない。
    肉、魚よりバナナ、さつまいも、ブロッコリー、豆腐を好む。
    食べた量は通常の半分程度。
    相変わらず、ヒナのような食べ方。
尿・・尿量が増えた印象はないが、ベッドでしている時もあり、総量は確認できず。
   利尿剤を注射してこの量とは・・。
飲水量・・不調前より少ない。器からは飲みにくそうなので
     給水器を取り付けてみる。飲もうとするが数回舐める程度でやめる、を時々繰り返す。
便・・硬くて濃い濃い焦げ茶色、1回。
様子・・寝ているかぼんやりしている。反応が鈍い。全く声を出さない。
    寝ていて、後肢が痙攣するように震えることがある。
    歩き方が少しおぼつかないが、後肢で耳を掻く様子は麻痺等の心配はなさそう。

9月4日

血液検査。
WBC・CRP・・・下がるが基準値より高値。
注射・・利尿剤、抗生剤。

食欲・・上向き。夜になり皿から食べる。食べた総量は通常の8割程度。
尿・・通常より少ない。(ベッドでしている時もあり、総量は確認できず。)
   利尿剤を注射してこの量とは・・。
飲水量・・不調前より少ない。
便・・1回。(23:00硬くて濃い濃いこげ茶。)

様子・・相変わらず反応が鈍いが、午後から家族の動向に少し反応あり。
        
9月5日

注射・・利尿剤、抗生剤。

食欲・・食べっぷりが今ひとつだが、食欲はある。一応通常の量を食べる。
尿・・総量は不調前と同じ。利尿剤注射では増えていない印象。
   トイレでのみ排尿。(この日以降ベッドでの排尿はなくなる。)
飲水量・・不調前に戻る。
便・・1回。(夕方、硬くて濃い濃いこげ茶。)
様子・・午後あたりから家族の動向に以前のような反応。
    寝ていて、後肢が痙攣するように震えることがある。
    
9月6日

注射・・利尿剤・抗生剤

食欲・・食べ方、量とも回復した印象。
尿・・総量は不調前と同じ。利尿剤注射では増えていない印象。
飲水量・・不調前に戻る。
便・・2回。(5:00硬くて濃い濃いこげ茶。8:15見慣れたいつもの便。)
様子・・今回の急変前の状態に回復した印象。

9月7日

注射・・終了。
血液検査・・ALB基準値より高値。
      Ca確認・・わずかに高値(高値は良くない)→ 補正して基準値内。
      
食欲・便・様子・・不調前の状態に戻る。
尿・・不調前より少し増加。
飲水量・・不調前より少し増加。
後肢の痙攣?震え?も確認できず。
ごはんは以前の内容に戻し、少量頻回は継続。


以降、11日まで、体調は安定。食欲も回復。後肢の痙攣?震え?も確認できず。
2日の治療以降、明け方の咳なし。
治療と強心剤を増量したからだろうと思う。
(深夜の咳は8月末頃からなくなっている。)
7日以降、尿量・飲水量ともに不調前より増加。
特に尿量。利尿剤注射終了してから増えるって・・・。


次に、血液検査のことと結局・・・。

主には腎臓の様子を確認することが目的だった血液検査。
ところが問題になったのはALB。
基準値を外れる・・・どころではない。
そして、高いCKP。
膵炎・・・と言い切るには微妙なLIP。
遅れて上がったCRP、WBC。

長い闘病生活。
血液検査のこんな数値は初めてのこと。
そして、
様々な可能性を考え、治療してくださったとはいえ、
これほど急に、基準値に戻る?

後日、先生は、
2日のALB・CKP・LIPの数値は機械のエラーではないかと。
ALB1.7は予後不良。翌日にこんなに回復するのを見たことはない。
そこまで考えが至らずすみません・・・と。
ただ、2日の数値は機械のエラーだったとしても、
翌日のWBC・CRPの更なる上昇もエラーとは考えにくく、何かが起きていたのは確か。

自宅での様子は、どこかに何かが起きていると示しいるのですが、
それは家族だからわかること。
嘔吐、下痢、発熱などあるわけでもなく、エコー検査でも、異常が見当たらない以上、
2日の検査結果が、BWC・CRPのわずかな上昇のみだったら、
不調はすべて肺水腫からのものと判断、まずはその処置だけになっていたかもしれません。
そうなっていたら、今とは違う状況になっていたかもしれない。
その後のWBC・CRPの推移を考えると、
たとえALB等がエラーだったとしても、
2日の数値をもとに処置していただいたことで、速やかに回復できたと思うのです。
急性のものには怖いものがありますから、3日の検査結果後の処置だったら、どうだったのだろう。


今回のこと・・・。
単純に、一過性の何かなのなら良いけれど、
持っているいくつもの病気のどれかのご機嫌を損ねたか、
付き合いが始まる病気の影なのか・・・。

私のそんな不安をあざ笑うかのような見事な回復ぶり。

何が起こっていたのか・・・。
結局わからないまま、ずっと過ごせるなら、それはそれでありがたいこと。



11日に受診したら、
息子とほぼ同年齢の先生。
ナノハを見て、まず「本当に元気そうですね、良かった。」と。
色々な意味で、悩ませてしまったかもと思います。
どうもありがとうございました。


食欲もすっかり元通り。
心臓病だし、膵炎を睨んで食事を内容を検討、少量頻回にしています。
しっかり食べているのですが、体重の戻り方が今ひとつ。
ちょっと気になるところです。

「気が失せた」だの「ウジウジ・・」だのと書いておきながら、
まだ言うか・・・は、重々承知なのですが・・・(^^;



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

何が起きていたのか。その1。

この「病院へは行きません」ポーズ・・・ですが、

連日の病院、チックンお注射に、ポーズはすれど諦めモード。

IMG_2305.jpg




と言いますのも・・・。

夏休みも終わり、明日から2学期。
近況を記録しなくては・・・と思っていた9月2日。


深夜、明け方と2度咳き込んでいたのが、
ここ数日は明け方1度に減り、
この日も、安定した呼吸、呼吸数でよく眠っていました。

で、いつもの4時過ぎ。
いつもより咳が大きいなぁ〜と感じながらヨーグルトを舐めさせ、
呼吸数を数えると、いつもと変わらず24回。
それでも、何となく何かが気になり、
ナノハを膝に乗せ、ソファでウトウトしていたところ、
6時頃から呼吸数が増え始め、
診察準備中の病院に状況を伝え、連れて行った頃には、呼吸数80回。

この時は、ナノハには非常に珍しい食欲不振が気になりながらも、
呼吸数に気を取られていました。

診察の結果、
肺門部に影があり、予想通り肺水腫。
心囊水も軽度に(+)

治療の結果、15時には呼吸数24回。

翌日のレントゲン、エコー検査で、
肺の水、心囊水ともに無くなり、心臓も少し小さくなり回復しました。

6日まで、注射で利尿剤を増やしましたが、
7日からは通常服用分のみ。

以前から、
「今度肺水腫を起こしたら利尿剤、強心剤増量を検討・・・。」
と言われていたのですが、強心剤のみ増量となりました。


呼吸、呼吸数とも、2日午後3時頃から今日8日まで安定して過ごしています。


タイトル「何が起きていたのか。」は、
このいきなりの肺水腫と同時に起きた、別のことの方が主なのですが、
一度の書くとなると長くもなりますし、血液検査数値なども記録したいので、
まとめたら、後日「その2」として記事にしたいと思います。



ナノハはこの通り。

ごはん、早くねぇ〜o(^▽^)o

IMG_2350.jpg


食欲も戻り、
機嫌よく過ごしていますのでご安心ください。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

変わりありません。

アッという間にこんなに日にちが経ってしまいました。


ご覧の通り・・・。


IMG_2252_201808230837214a4.jpg



今日撮ったのか、
10日前に撮ったのかわからないようなナノハです。

咳も含めて・・・ですが、変わらない毎日を過ごしています。

過ごせています・・・でしょうか。

ありがたいことですm(__)m




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

深夜のヨーグルトタイム。

続、孫D ちゃん撮影。

夏休みは、いろいろ大変(-_-)
頑張ろう、ナノハ。

IMG_2235_20180814112542882.jpg



さて。

7月末頃からここのところ、
午前2時半。4時半に乾性の咳が出る日が多く、
頓服の咳止めを飲ませたりしています。


なのですが・・・。


我が家は、「薬は美味しく・・・」がモットー。
ヨーグルトの上に0.1ml(0.2ml)を垂らすべく、
眠い目を擦りながら用意。

それを集中して凝視するナノハ。

咳が止まっています・・・。

そこで、ヨーグルトだけを舐めさせてみたところ、
そのまま咳は止まり、眠る・・・。

ヨーグルトに、咳止めの効果なんてあったっけ?

薬を飲まなくていいのなら、それはそれでいいのですが、
深夜、明け方、2回のヨーグルトタイム・・・。

夏はいいけれど、冬は辛いぞ(;д;)



IMG_2238_20180814112543b53.jpg



ちょっと覚書。

明け方と騒いだ時に乾性の咳が出るようになり、
4月末に午前3時頃にも咳が出て、
それをきっかけに、頓服で咳止めをいただいています。

でも、飲ませることはほとんどなく過ごしていました。


その後、
2時半頃と4時半頃に咳き込むことが次第に増え現在に至る。
確かに、咳は出るのですが、
集中すると止まるって・・・?
ヨーグルトで止まるって・・・?
この咳は何?


おしっこに起きて、動くから咳が出るのかなぁ・・・。
とも考えましたが、
咳が出て目が覚め、おしっこにも行く・・・って感じだし。

何れにしても、夜の咳だけでなく、昼間の動くと出る咳も増えています。

1回の咳き込む時間は、昼間は短い印象です。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村